スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

波形手すり 全国で増殖 楽に上り下り、おしゃれ演出(産経新聞)

 ■くねくね、デザインも機能も◎

 普段、何げなく目にする手すりは階段やスロープで体を支える重要な役割を持つ。高齢者だけでなく、子供や病気などで体力が弱っている人には大切な補助器具。バランスを崩した際にはまさに“命綱”にもなる。その手すりが最近、クネクネと波を打ったような形に変化している。全国の駅や公園、街路、公共施設などに増殖中の波形手すりの秘密を探った。(太田浩信)

 波形手すりを実際に使って階段を上り下りしてみると、上る際は縦に立ち上がった部分を取っ手のように握り、体を引っ張り上げる形になる。逆に下りるときは水平になった部分を握って杖(つえ)のように体を支える形になる。どちらの場合も手が滑ってしまうこともなく、しっかりと体を支えることができるのが特長だ。デザイン的にも目につきやすく、手すりとしての機能性にも優れている。

 ◆恐怖心なく安心

 製作・販売するクネット・ジャパンによると、同社が本社を置く長崎県佐世保市は地形的に坂が多く、階段の上り下りに苦労するお年寄りたちの姿を見て10年ほど前に開発した。古賀勝彦副社長は「握力のない高齢者は傾斜が急な階段を下りるとき、直線の手すりだと『手が滑るんじゃないか』という恐怖感を覚える。これなら楽に上り下りができる、と高い評価をいただいている」と話す。

 九州や関西地域で普及し始め、現在は関東や北海道などでも公共の場で目にする機会が増えている。使用されているのは、JRや私鉄の各駅、空港などの交通機関をはじめ、公園や街路の階段部分など。都内では新宿区や品川区などの区役所、六本木ヒルズなどの商業施設周辺、東京国際フォーラムなどの展示場などにも設置。箱根彫刻の森美術館(神奈川県箱根町)やグラバー園(長崎市)といったの観光文化施設などにも設けられ、清水寺(京都市)など参道に階段が多い寺社からの発注も目立つという。

 ◆足の負担を軽減

 同社が滋賀県立大と行った共同研究では、階段を利用するときに水平部分に手のひらをついて体を支えることで、足にかかる負担を最大で3分の1に減少させる効果があった。また、九州大が横浜市内の私鉄駅で行った聞き取り調査で、駅利用者359人の約8割から波形手すりの方が直線の手すりより使いやすいという評価を得た。

 直線の手すりでは児童が滑って遊んで危険なことから小学校への設置事例も急速に増加。こうした安全面が支持され、福祉施設や病院、個人の自宅などへの設置も増え、既に4万数千件の設置実績を持つ。

 階段やトイレ、風呂に波形手すりを設置している「デイホームここらっく」(東京都世田谷区)代表、鈴木知子さんは「利用者のお年寄りたちもつかみやすく、何より体が預けやすいと言います。機能性はもちろんですが、色もカラフルで施設にアクセントを与えてくれる。利用する際に目を引きやすい」と、その効果を話している。

                   ◇

 ■バリアフリー新法きっかけ

 クネット・ジャパンによると、波形手すりが駅など公共施設で急速に設置が進んだのは、平成18年施行のバリアフリー新法(高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律)に合わせて策定されたガイドラインによるところが大きいという。

 従来のガイドラインは、駅など旅客施設の階段などに設置される手すりは大人と子供など身長差を配慮し、上下に平行する「2段手すり」を推奨。しかし、新しいガイドラインでは「2段手すり等」との表現となり、波形手すりも適合することから鉄道事業者などが積極的に導入を開始した。

死亡率抑制「目標は達成」=新型インフル対策で総括―厚労省会議(時事通信)
「なぜ起きたのか」「忘れないで」=安全な街願う―秋葉原無差別殺傷から2年(時事通信)
今日の1コマ「成功しやすい告白の仕方とは?」2
鳥獣駆除中に猟銃で誤射?2人死亡…京都(読売新聞)
篠山紀信氏に罰金30万円略式命令 東京簡裁、青山霊園でヌード写真(産経新聞)
スポンサーサイト

首相、今夕にも小沢氏らと会談 「反省しながら、しっかりした道筋考える」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は、自身の進退問題を含めた政権運営や参院選への対応をめぐり民主党の小沢一郎幹事長や輿石(こしいし)東(あずま)参院議員会長と1日夕にも会談する。会談を前に、首相は「今まで身を粉にして働かせていただいた。ただ、なかなか国民の理解をいただいていない。そのことを反省しながら、幹事長とも相談しながら、しっかりした道筋を考えていきたい」と述べた。自身の進退は小沢氏と相談して決める考えを示した発言。訪問先の宮崎市内で記者団に答えた。

  [フォト]突き放す小沢氏…首相の続投表明に視線も冷たい

 首相はまた「(民主党の)代表と幹事長とでしっかりと協力し、難局に対していきたい」とも語った。 

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題と社民党の連立離脱により各種世論調査の内閣支持率が20%を切る中、民主党内では参院側を中心に首相退陣論が広がっている。鳩山首相の顔では参院選は戦えないという選挙に向けた悲観論の現れだ。首相は5月31日夕に小沢、輿石両氏と会談した後、記者団に続投宣言したが、会談後の党役員会では退陣論が噴出。対応を一任された両氏が首相と再協議することになった。

【関連記事】
内閣不信任・首相問責「効果的に提出」 民主内混乱で自民
前原国交相「ツートップの問題極めて大きい」 内閣の支持率低迷
首相、重ねて続投に意欲 「小沢幹事長と協力して国難に立ち向かう」
ポスト鳩山、トップは前原国交相も「本命不在」
首相、辞任論に「迷惑かけていることは理解しているが…」

「辺野古」明記見送り要望 民主沖縄県連(産経新聞)
アオリイカ産卵ピーク、藻場代わりの枝に白い房(読売新聞)
自立更生促進センター 反対署名4万人、見切り稼働 福島(毎日新聞)
<ホンダ>「スーパーカブ」1万5991台をリコール(毎日新聞)
まず姿勢を低く、頭保護=大地震時、火の始末は次に―避難行動で報告書・文科省(時事通信)

<訃報>梶木剛さん73歳=文芸評論家(毎日新聞)

 梶木剛さん73歳(かじき・ごう<本名・佐藤春夫=さとう・はるお>文芸評論家)19日、食道がんのため死去。葬儀は23日午後1時、千葉市美浜区高洲4の7の7の博全社美浜儀式殿。喪主は妻満洲子(ますこ)さん。

 著作に「斎藤茂吉」「柳田国男の思想」など。

介護労働センターの事業や改革案、「不十分」で一致―省内仕分け(医療介護CBニュース)
犬童一心監督「ソン・ガンホと映画を撮りたい」(2)
<TBS>裏付け取材不十分と謝罪 赤松農相のゴルフ報道で(毎日新聞)
黄砂対策、年内にも会議…日中韓環境相会合(読売新聞)
メール無断掲載でメーカー次長逮捕=元交際相手の名誉棄損容疑―兵庫県警(時事通信)

民主新人を推薦、自民現職は支援=参院選対応で-日医連(時事通信)

 日本医師会(日医)の政治団体である日本医師連盟(日医連、委員長・原中勝征日医会長)は11日に執行委員会を開き、今夏の参院選比例代表で、民主党新人の安藤高夫氏を推薦し、自民党現職の西島英利氏、みんなの党の清水鴻一郎元衆院議員を支援することを決めた。
 日医連は昨年1月に西島氏の推薦を機関決定したが、「親民主」を掲げて日医会長に当選した原中氏は当初から西島氏の推薦を撤回する意向を示していた。ただ、長年自民党と協調路線を取ってきた日医内には異論もあって意見がまとまらず、同日の執行委で原中会長に扱いが一任された。
 同会長は「苦渋の選択をした。わたしたちがいろんな思いを実行しようとするとき、やはり政権与党という立場を考えなければならない」と安藤氏を推薦とした理由を説明した。 

【関連ニュース】
勝利への展望開けず=遅れる候補者選び

<旧相馬邸>函館最古の住宅…取り壊し回避、観光スポットに(毎日新聞)
<JR岐阜駅>飛び込み寸前の男性 客3人が制止(毎日新聞)
「たちあがれ」中川氏長男、「みんな」が擁立へ(読売新聞)
足利事件弁護人、検察幹部に講演=取り調べ可視化など訴え(時事通信)
<日本航空>操縦士が証明書忘れ、1便欠航(毎日新聞)

JR東海社員、東京駅高架下に飛び降り死亡(読売新聞)

 7日午前9時頃、東京都千代田区丸の内1のJR東京駅中央線ホームから、男性が線路内に降り、線路上を30メートルほど歩いた後、高さ約1・5メートルのコンクリート製の壁を乗り越えて約15メートル下の車道に飛び降りた。男性は搬送先の病院で死亡した。

 警視庁丸の内署幹部とJR東海によると、男性はJR東海の社員(55)で、自殺を図ったとみられる。

 JR東日本によると、中央線の運転士が線路内に立ち入った男性を見つけたため一時、運転を見合わせた。同線や山手線、京浜東北線計24本が最大12分遅れ、乗客約3万人に影響した。

大阪府立高教頭に大麻譲渡、容疑の無職女を逮捕(産経新聞)
長谷川等伯の心を映し出す本法寺(産経新聞)
「民意はますます反対」=徳之島3町長(時事通信)
取り立てチーム 船橋市で活躍…市税など悪質滞納に対抗(毎日新聞)
家賃減免詐欺で組長逮捕=市営住宅で虚偽申請-兵庫県警(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。