スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大元副学長ら科研費不正隠す(産経新聞)

 東京大は23日、元副学長が委員長を務めた内部調査委員会が科学研究費補助金の意図的な不正使用を隠す虚偽報告書をまとめていたことを明らかにした。元副学長と元監査担当理事の役員2人が関与していた。関与した委員会スタッフの課長3人と副課長の事務職員計4人を戒告の懲戒処分としたが、役員2人はすでに退職しており、浜田純一学長から遺憾の意を伝えるにとどめたという。

 東大によると、内部調査委員会は平成20年12月、大学院農学生命科学研究科教授が、物品の架空発注で業者に金をプールさせるなどして部下の研究費を感熱紙購入などに充てていた事実を隠し、「物品を誤って重複発注し、返金を受けずに預けていた」とする虚偽の報告書を作成した。

首相、自ら窮地に追い込む…「5月決着」明言(読売新聞)
焼け跡から2遺体、首に圧迫の跡…富山(読売新聞)
SB孫社長自ら顧客に返信 企業のツイッター活用進む(J-CASTニュース)
高速新料金再見直し「無料化と矛盾させない」と首相(産経新聞)
コピー用紙単価、自治体で最大2・5倍の差(読売新聞)
スポンサーサイト

中垣喜彦・石炭エネルギーセンター会長 日本の石炭火力技術で温暖化対策に貢献を(産経新聞)

【政策を問う】

 --エネルギーの主役は石炭から石油を経て、二酸化炭素(CO2)の排出のない原子力や再生可能エネルギーに移りつつあるとの認識が広がっている

 「再生可能エネルギーは出力が天候に左右される。原子力は高度な安全性を要求される上、需要に応じて出力を変動させることはまだ難しい。いずれも重要だが問題点がある。石炭は世界各地に分布し、地政学的リスクが小さく価格も比較的安定している。安定的なエネルギー供給を確保する上で果たす役割は大きい」


 --石炭火力発電の環境面での性能は

 「最新の超々臨界圧プラント(USC)を採用する電源開発(Jパワー)の磯子2号機(横浜市)は発電効率が43%だ。他の先進国ではこれより数ポイント低く、途上国はさらに数ポイント低い。かつて日本では、国内産石炭の価格上昇でエネルギー源は石油に移ったが、石油危機で海外産の石炭を輸入するようになった。公害問題もあって、効率化が進展したのだ」


 --さらにCO2排出を抑えることは可能か

 「USCの一層の改良や、より高効率な石炭ガス化複合発電(IGCC)、CO2を回収して地中に閉じこめるCCS技術の開発が進んでいる。これらが商用化されるまでは、USCの導入を広げるべきだ。国内の石炭火力の出力は計約3800万キロワットで、このうちUSCは3分の1程度。残りの発電所に順次導入していく必要がある」


 --導入が進めば、燃料費も削減できる

 「USCは一般的な設備より10~20%程度高価で燃料費の節約分を上回ってしまう。ただ、石炭価格が現在の1トンあたり約90ドルから上昇傾向にあることを考えると、設備投資額の1割程度の公的助成があれば、導入が進むだろう」


 --USCが世界で導入されると、CO2排出削減が進みそうだ

 「仮に米国、中国、インドの石炭火力発電所をすべて日本のUSCに入れ替えれば、日本全体の排出量に匹敵する年間13億トンのCO2を削減できる。各国産の石炭の質の違いもあり、この通りにはいかないが、それ以外でも日本の高度な保守点検の技術などを活用すれば、各国の事情に応じた効率化はできる」


 --日本の技術普及を促す上で重要な、地球温暖化対策の国際的な枠組み作り交渉は難航している

 「先進国が途上国の温室効果ガス排出削減に協力する見返りに排出枠を得るCDM(クリーン開発メカニズム)の活用がかぎをにぎる。しかし国連のCDM運用は手続きに時間がかかる。日本がリーダーシップをとり、途上国と2国間のCDMの枠組みを作って、技術移転を進めるべきだ」

【プロフィル】中垣喜彦 なかがき・よしひこ 九州大法卒。昭和36年電源開発。取締役などを経て平成13年社長、21年6月から相談役。17年4月から石炭エネルギーセンター会長。福岡県出身。72歳。

【関連記事】
石炭に依存する米経済 相次ぐ炭鉱事故が証明
温暖化対策、揺れる電力 10社供給計画 脱「化石」加速
CO2削減 新たな負担、いまだ“藪の中”
環境税 慎重な制度設計が必要だ
温暖化数値目標で印環境相 2020年までに20~25%削減

薬師寺 映画「春との旅」奉納される(毎日新聞)
<器物損壊>レクサス2店のガラス割られる 名古屋(毎日新聞)
裁判員裁判の量刑、殺人や性犯罪で重い傾向(読売新聞)
<ゆうちょ銀・かんぽ>新規事業の参入規制緩和で最終調整(毎日新聞)
傷害容疑で会社員逮捕=父けられ入院、死亡-新潟県警(時事通信)

「事務系副大臣」を検討=事務次官は廃止-仙谷担当相(時事通信)

 仙谷由人国家戦略担当相は14日午前の衆院内閣委員会で、各省の事務次官ポストを廃止し、代わりに「事務系副大臣」の創設を検討する考えを明らかにした。仙谷氏は「今の次官がしている事務の統括を事務系副大臣が担うことを考えている」と述べた。自民党の中川秀直氏への答弁。 

【関連ニュース】
給与・定員、基本権に併せ検討=仙谷担当相
参院選公約、消費増税前面に=両院懇で意見
公務員法改正、対案を了承=自民
公務員法改正案で対案=自民
公務員制度改革で独自案=自民・中川氏ら

新党なんて関係ない、えらい迷惑と舛添氏(読売新聞)
<研究機関ランキング>国内1位は東京大 世界では11位(毎日新聞)
がん政策サミットで「患者が提案するマニフェスト案」を作成(医療介護CBニュース)
<訃報>佐田登志夫さん84歳=東京大名誉教授(毎日新聞)
留置者名記載の文書落とす=廃棄せず、駅改札で-兵庫県警(時事通信)

大宅賞に上原、川口両氏(時事通信)

 第41回大宅壮一ノンフィクション賞(日本文学振興会主催)は5日、上原善広氏(36)の「日本の路地を旅する」(文芸春秋)と、川口有美子氏(47)の「逝かない身体―ALS的日常を生きる」(医学書院)に決まった。賞金各100万円。授賞式は6月18日、東京・内幸町の帝国ホテルで。 

【関連ニュース】
サントリー音楽賞に大野和士氏
詩歌文学館賞に有田忠郎さんら
木村伊兵衛写真賞に高木こずえさん
H氏賞に田原氏
吉川英治文学賞に重松清氏

小沢氏関与、どう判断 規正法違反で不起訴 検審、月内にも結論(産経新聞)
<ライター>火災対策会議招集へ 火遊び原因相次ぎ(毎日新聞)
元社保庁職員無罪に検察上告=機関紙配布の国家公務員法違反(時事通信)
ギリシャ支援準備で合意=中身は示さず-ユーロ圏財務相
普天間移設で審議官級協議=週明けにもスタート-日米(時事通信)

茨城で震度4(時事通信)

 31日午前6時18分ごろ、関東地方で地震があり、茨城県ひたちなか市で震度4の揺れを観測した。気象庁の観測によると、震源地は茨城県沖で、震源の深さは約60キロ、地震の規模(マグニチュード)は4.6と推定される。 

【関連ニュース】
北海道で震度3
和歌山で震度3
関東北部で震度3
和歌山で震度3
茨城で震度3

「与謝野新党」来週にも 邦夫・平沼氏、合流へ(産経新聞)
<人事>文部科学省(毎日新聞)
最低視聴率を更新=NHK朝ドラ(時事通信)
<年金>訂正の申立書114件を不正処理 旧厚木事務所(毎日新聞)
ひき逃げで新聞配達員死亡 京都・綾部(産経新聞)

【WEB人】芸妓 雛菊(ひなぎく)さん(29)(産経新聞)

 ■京都の魅力をQTカードで

 京都・祇園東で、ケータイ課金代行サービス「QTカード」を千社札(せんじゃふだ)としてお客さんに渡している。カードに印刷されたQRコードを携帯に読み込ませると、オリジナルの着ボイスや待ち受け画像などがダウンロードできるサイトにアクセスする。

 「ユーガットメールどす」という着ボイスも作った。「舞妓(まいこ)さんはかわいい感じがよろしおすやろけど、芸妓はおもしろい一面も見せれますさかいに」。自己紹介の動画や行きつけの料理屋の紹介など、お座敷では見られない素顔を垣間見ることもできる。

 京都市出身。16歳で舞妓に。芸妓は6年になる。映画「舞妓Haaaan!!!」の公式ブログで日記を展開したことも。「どないな世界か知って、舞妓になりたい人が出てきてくれたら」とネットへの思いを語る。

 お座敷で渡され、「何これ?」と戸惑うお客さんもいたが、携帯を借りて目の前でアクセス。「さっそく、待受けに設定してくれはったお兄さんもいたはりますえ」(文・池田証志)

ダイナマイト騒ぎで男を逮捕=京大病院に不審物-府警(時事通信)
子ども手当、早くも相次ぐ外国人の問い合わせ(産経新聞)
<梅田北ヤード>1期区域の造成工事始まる(毎日新聞)
ネイルサロンにも管理ガイドライン 厚労省(産経新聞)
普天間移設案「慎重に検討」=米大使(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。