スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<訃報>梶木剛さん73歳=文芸評論家(毎日新聞)

 梶木剛さん73歳(かじき・ごう<本名・佐藤春夫=さとう・はるお>文芸評論家)19日、食道がんのため死去。葬儀は23日午後1時、千葉市美浜区高洲4の7の7の博全社美浜儀式殿。喪主は妻満洲子(ますこ)さん。

 著作に「斎藤茂吉」「柳田国男の思想」など。

介護労働センターの事業や改革案、「不十分」で一致―省内仕分け(医療介護CBニュース)
犬童一心監督「ソン・ガンホと映画を撮りたい」(2)
<TBS>裏付け取材不十分と謝罪 赤松農相のゴルフ報道で(毎日新聞)
黄砂対策、年内にも会議…日中韓環境相会合(読売新聞)
メール無断掲載でメーカー次長逮捕=元交際相手の名誉棄損容疑―兵庫県警(時事通信)
スポンサーサイト

民主新人を推薦、自民現職は支援=参院選対応で-日医連(時事通信)

 日本医師会(日医)の政治団体である日本医師連盟(日医連、委員長・原中勝征日医会長)は11日に執行委員会を開き、今夏の参院選比例代表で、民主党新人の安藤高夫氏を推薦し、自民党現職の西島英利氏、みんなの党の清水鴻一郎元衆院議員を支援することを決めた。
 日医連は昨年1月に西島氏の推薦を機関決定したが、「親民主」を掲げて日医会長に当選した原中氏は当初から西島氏の推薦を撤回する意向を示していた。ただ、長年自民党と協調路線を取ってきた日医内には異論もあって意見がまとまらず、同日の執行委で原中会長に扱いが一任された。
 同会長は「苦渋の選択をした。わたしたちがいろんな思いを実行しようとするとき、やはり政権与党という立場を考えなければならない」と安藤氏を推薦とした理由を説明した。 

【関連ニュース】
勝利への展望開けず=遅れる候補者選び

<旧相馬邸>函館最古の住宅…取り壊し回避、観光スポットに(毎日新聞)
<JR岐阜駅>飛び込み寸前の男性 客3人が制止(毎日新聞)
「たちあがれ」中川氏長男、「みんな」が擁立へ(読売新聞)
足利事件弁護人、検察幹部に講演=取り調べ可視化など訴え(時事通信)
<日本航空>操縦士が証明書忘れ、1便欠航(毎日新聞)

JR東海社員、東京駅高架下に飛び降り死亡(読売新聞)

 7日午前9時頃、東京都千代田区丸の内1のJR東京駅中央線ホームから、男性が線路内に降り、線路上を30メートルほど歩いた後、高さ約1・5メートルのコンクリート製の壁を乗り越えて約15メートル下の車道に飛び降りた。男性は搬送先の病院で死亡した。

 警視庁丸の内署幹部とJR東海によると、男性はJR東海の社員(55)で、自殺を図ったとみられる。

 JR東日本によると、中央線の運転士が線路内に立ち入った男性を見つけたため一時、運転を見合わせた。同線や山手線、京浜東北線計24本が最大12分遅れ、乗客約3万人に影響した。

大阪府立高教頭に大麻譲渡、容疑の無職女を逮捕(産経新聞)
長谷川等伯の心を映し出す本法寺(産経新聞)
「民意はますます反対」=徳之島3町長(時事通信)
取り立てチーム 船橋市で活躍…市税など悪質滞納に対抗(毎日新聞)
家賃減免詐欺で組長逮捕=市営住宅で虚偽申請-兵庫県警(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。