スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山首相、普天間5月末解決に「覚悟持って臨む」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は6日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題について、公約通りに5月末までに解決できなければ退陣する覚悟があるかと記者団に問われたのに対し、「当然のことながら、1つ、1つの政策の実現に向けて覚悟を持って臨む。当たり前の話だ」と述べた。

 視察先の東京都大田区で語った。

 首相はまた、自民党の小泉純一郎元首相を念頭に、「以前の内閣では、『公約は守らなくても大したことはない』とおっしゃった。そういう政治が国民から鉄槌(てっつい)を食らわされた。それだけに約束は約束としてしっかり守らなければならない」と強調。5月末までに決着するとの政府方針が守られなければ、世論の支持は得られないとの認識を示した。

【関連記事】
大島氏、首相に退陣要求 「普天間」5月決着不能なら
米次官補、今月中旬に来日 普天間移設めぐり協議
「普天間」結論先送りは悪影響 米国務次官補
普天間返還後も国が管理 有事の際に米軍利用可能に
普天間は国連軍指定基地 初耳だった首相ら
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<原子力副読本>小中学生に配布 エネ庁と文科省(毎日新聞)
はしか接種、新型インフルの影響で伸び悩み?(医療介護CBニュース)
政治とカネで与野党「協議機関」に各党前向き(産経新聞)
竹富島沖で旅客船炎上沈没、フェリーが全員救助(読売新聞)
遅咲き鈴木、夢舞台舞う バンクーバー五輪(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。